第一回〜昭和32年まで

これまでの筆まつりの歴史

〜History of a Kumano Brush Festival〜

筆まつりは、
日本三筆の一人である嵯峨天皇を偲び、
合わせて安土桃山時代より冬の農閑期に筆の行商を始めて
天保2年(1831年)には、
筆作りが始まり、日本一の生産地に
育てた先人達の労苦に感謝し、
ますますの発展を願って、
例年、秋分の日に筆まつりの祭典を
行うようになりました。

今年(2020年)第86回を数える筆まつりには、さまざまな歴史があります。
各催しの歴史や、携わってきた方々のこれまでの歴史を紹介いたします。